• 展示会デザインの打ち合わせについて

    新商品などの展示会を担当することになったら、展示会委託会社にその商品の説明を行う必要があることがあります。


    その場合、商品のコンセプトを正確に業者に伝えて、その意図どおりに商品展示ができるようにします。
    商品開発において何が求められ、現状の何を打開したいのか、消費者の好みに合う展示会デザインを企画・実行できるように伝えます。



    打ち合わせに関しては概略だけでなく、その商品理解を進めてもらう上で必要となる資料などを添えて依頼します。詳細について時間を使い理解してもらい、商品開発の意図をしっかり理解してもらいます。
    そのことを通じて、的を射た宣伝が可能になります。商品のどの部分が特徴で新規な要素なのかについて、より明確に簡潔に伝わるように説明して、疑問な点が無いように話し合いを詰めていきます。

    何度か試作やモデル、原案作りなどを通じて展示会デザインの内容をつかんでいきます。


    業者との間での意思疎通を図り、その宣伝内容について、明確な主張が織り込まれているか、一見して新商品の内容がつかめるものになっているか最終段階まで念を入れてチェックをしていきます。

    知って得するYOMIURI ONLINEについて解説いたします。

    特に展示会を訪れる観覧者がどこに興味を持ち、その商品の魅力をどのように刷れば伝わるか工夫を加えます。


    その段階は業者に一方的に任せるだけでなく、商品を開発した立場でどのような点が観覧者に伝われば、購入や契約に結び付くか、デザインを練ることで具体的にポイントを明らかにしていきます。



    こうして展示を完成させていきます。