• 展示会ブースの装飾の重要性

    展示会で商品の宣伝をすることがあります。

    その際にブースにはさまざまな装飾を行います。

    主として宣伝効果を高めるためです。


    そこでは企業イメージを大事にして、来訪者に対して好印象を残せるものとします。
    品性がありそれでありながら親しみの湧く、ブースに近寄ってみてその内容を確かめたくなるのような、そんな来訪者を誘うような装飾こそ展示会ブースに取り入れたいものです。
    そのためには、ブースの装飾を手掛ける業者の力が欠かせません。

    ここに在籍しているデザイナーに商品の先進性や他にない特質などを説明して、それに沿った装飾をデザインしてもらいます。
    社内においてその草案について様々な注文がつくと、それについても整合性があるように業者にさらに吟味の作業をしてもらいます。



    この際大切なのが、これまで築き上げてきた企業イメージを尊重することです。


    企業イメージはブースを訪れる人々にとっては道標といって過言ではありません。

    日本経済新聞情報は必ず役に立ちます。

    そのイメージに沿ったデザインに対しては自然と展示会ブースの方に足が向くでしょう。
    それほど培われた企業イメージの力は強いです。
    したがってそのイメージの上に装飾は成立するものと考えて依頼します。



    全てを打破するようなデザインである必要はなく、むしろ着実でありながら新規性が感じられるものが求められます。


    デザイナーはその辺の理屈をよく理解しているでしょうから、そのように要望することでそれを具現化してくれるに違いありません。